女子校生は注意せよ

一昔前のであれば、女子高生はテレクラ、出合い喫茶、出会い系サイトの目玉の一つに上げられていただろうし、主役だったと思う。

もちろん18歳以下はダメだとは書いてあっても、サイトや利用者に対しても罰則が、厳しいものではなく、未成年と遊んだという男性も多かっただろう。
しかし今は、未成年を守るための法律や条例も厳しくなっています。
こういった条例などで、運営サイト側にも厳しい規制がかかってきているのです。
このように厳しい法令のもと、未成年の女子高生が出会い系サイトの登録ができなくなり、出会い系サイトで、出会うことは不可能になっているはずなのですが。

そういった現状で、時々ニュースで見聞きする、淫行で逮捕される男性たちは、一体どこで女子高生と知り合っているのであろうか?

逮捕された本人からの自供によると、やはりセフレ無料サイトで知りあうという事例が、多く聞かれるのは、不思議ですね。
規制が厳しいなかどうしてこのような事が起こるのでしょうか?

最近アダルト業界で目にしたことはないだろうか?「女子校生」という言葉です。
女子校生という言葉は、出会い系サイトでもよく見ますよね。
同じ響きですが、文字が違うのです、「高」・「校」の違いです。
女子校生であれば、専門学校の生徒でも良いですし、とにかく「学校」に通よっていて、18歳以上であれば問題もないのです。

そこでプロフィールを見ると「私は18歳の女子校生です。」書かれたものを、よく見かけるようになって来ましたね。
よっぽどのこだわりのあるマニアで無い限りは、年齢は気にしないでしょう。
このような女子校生で満足するのではないでしょうか?

ただしここに、落とし穴があるのです。
女子校生の中に、お金ほしさに「女子高生」混ざっているのです。
こういった女子高生は、サイト側や男性にも年齢をごまかして出会い系サイトに登録してしまうのです。

出会い系サイトの年齢は自己申告になっているので、登録自体は簡単に出来てしまうのです。
女性を検索する際に、年齢を21歳などに設定していても17歳というケースも、十分に出てきてしまいます。
もし相手の女性が、若すぎると感じた場合は、自分に対しての自制心を持たないと、取り返しの付かない事になるかもしれませんよ。

沈黙の間も気にしない

deahito (1)この人ともう一度会いたいと思わせる秘訣に、沈黙の時間を気にしないということがあります。
初対面の人と話すのは得意ではないという人は多いと思います。
ほとんどの人が初めて話す人とはうまく話せないのは当然のことです。
ですから沈黙の時間があるというのも当然のことでしょう。

しかし、沈黙している時間があると、どうして良いのかわからなくなってしまうという人は多いです。
話題がなくなってしまい、沈黙している時間があると、お互いに気を使うでしょうし、焦りも出てきます。
沈黙している間、多くの人はどのようなことを考えているのでしょうか。

自分の話しベタを自ら責めたり、後悔している人もいると思います。
相手対していらだちを感じる人もいるかもしれませんが、何も考えないのが一番ではないでしょうか?

沈黙時間に関して、いろいろと悩んでいると、だんだんと疲れてきてしまいます。
話題がない場合には、外の景色を見たりして、ゆっくりとその時間を過ごすというのもひとつの手です。

この沈黙の時間に対して苛立ちを感じやすいのは、どちらかというと女性の方が多いです。
男性はあまり気にしない人が多いようですが、女性は非常に敏感です。

焦って、訳のわからないことを話して意味のない話を永遠する人もいますが、時間の無駄です。
沈黙時間に関しては仕方のないことと思って、あまり気にしないのが一番です。
合間を埋めようと何かをポツリとつぶやく人もいますが、必要ありません。

相手にもう一度話したいと思われたいのであれば、沈黙時間はほうっておきましょう。
会話の方法として、沈黙時間を休憩に使うというのもアリです。
焦ってわけのわからないことをいうよりは黙ってゆったりと過ごしていたほうが効果的です。
ゆったりと過ごして外でも眺めているうちに、新しい話題が出てくることもあります。

 

様々なコミュニケーションの種類

コミュニケーションには種類があります。
ノン・バーバルコミュニケーションという言葉を使わないコミュニケーションと、
バーバルコミュニケーショという言葉を使ったコミュニケーションです。

ノン・バーバルコミュニケーションは言葉を使わない代わりに表情や動きで相手とのコミュニケーションをはかります。
心理学の法則である、メラビアンの法則というのがあるのですが、これによると印象というのは、
話し方や声質が2割であり、見た目が7割ということです。
余った1割は話した内容に関してだそうです。

芸能人の中には男性からしてみてもかっこいいとされる人がいます。
それも見た目や行動、仕草などからそう感じています。

相手との会話に悩んでしまうという人は多いです。
話すことが苦手というのであれば、仕草などに気を使ってみてはどうかと思います。

格好良いと思われる仕草は非常にたくさんあります。
テレビを見ていても、それが話題になることもあります。
女性が良いなと思う仕草ランキングというのも某テレビ番組で紹介されていました。
ネットでも注目されていることですし、口コミサイトで評価されていることです。

deahito (3)仕草というのは非常に重要です。
しかし、モテる仕草というのは、それがあっている人と合わない人がいます。
似合わない人がしていると逆に悪い印象を与えることもあります。
しかし、なんとなくではありますが納得できる部分も多いです。

女性が男性を演じる場合にも男性の仕草を観察すると言われています。
特に宝塚の話になりますが、格好良い男性の仕草を真似しているといいます。
女性でも男性の格好良い仕草ができるということになると、同性である男性にできない訳はないということになります。

メールに性格が出てしまう

deahito (4)自分に自身がなさすぎる人の場合はメールにもそれが出てしまうことがあります。
メールの内容が常にマイナス思考になってしまっているようです。

自分に自信がないため、仕事で何かあると失敗するかも・・・と簡単にメールにしてしまいます。
不安なのはわかりますが、これは本人だけではなく、どんな人でもあることです。

このようなマイナス発言を毎回毎回されていたのでは、メールを受け取る相手は良い気分はしません。
もし、ポジティブな気持ちが含まれていれば、印象は良いと思います。
何でもプラス思考であれば、楽しそうな人と捉えますし、受け取った側もポジティブになれます。
相手の受け止め方によって女性というのは印象が変わるものなのです。

もちろん、気分が落ちるときは誰にでもあります。
しかし、とにかく暗く過ごすのでは、いつか心配もされなくなってしまいます。
何を言っても効果がないのであれば、いうだけ無駄です。

しかし、普段明るい振る舞いをしている人が、突然暗そうなメールをしてきた場合、
「何があったのか」「大丈夫なのか」と心配になります。
このギャップというのが女性には大事なのです。

いつもはポジティブでプラス思考、時々自分の弱い部分も見せるという方が女性は素敵だと感じてくれます。
メールも駆け引きが必要ですから、これは実践してもらいたいです。

またメールで女性を否定するような内容を送ってはいけません。
どんな人も否定的なことを言われると不快に思います。
出来るだけ女性のことを考えて、言葉を選ぶようにしましょう。

女性は優しく、頼れる男性を好きになる傾向が高いです。
そのような存在であることをアピールできれば効果的でしょう。

メールの内容によって女性の心は動きます。
メールなので手抜きをしてしまいがちな人もいるようですが、印象がかなり変わります。
メールの内容によっては二人の距離が急接近する可能性もあるのです。